ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

【邦画】『放課後戦記』ネタバレ感想レビュー--フレッシュレモンのガールズアクションかと思いきや、自分語りナレーションが延々と続く

f:id:yagan:20180412215650p:plain
監督:土田準平/脚本:桃原秀寿、土田準平/原案:オクショウ
配給:アイエス・フィールド/公開:2018年4月7日/上映時間:115分
出演:市川美織、秋月成美、りりか、小宮有紗、遠藤新菜、青島心、窪田美沙、井上美那

 

スポンサードリンク
 

 

53点
まず最初に謝罪します。この映画、観ている途中で理解するのを放棄しました。若い女性の顔が覚えられないという個人的な未熟さが一因なのは認めます。フワフワとしたレビューになってしまっていることをご了承ください。

 

というのも、これ、やたら観念的な話なんである。放課後の学校に残っていた女子高生十数名が殺し合うバトルロワイヤルものという触れ込みのはずが、実際は小難しいことを並べた自分語りナレーションが大半を占めるのだから。たぶん解析すれば大した話じゃないんだろうけど、変にまどろっこしいことを延々と喋っているので、正直、退屈。

フレッシュレモンこと市川美織は、日中にイジメられているのを助けた女子生徒のハンカチを預かったままであることに気づいて、ひとり学校の屋上で待つ(別に待ち合わせしているわけではないので、そもそも来る当てはないのだが)。そのうち、つい眠っていしまい、気がつくと空は真っ暗。慌てて帰ろうと校内を走っていると、教室に手首をバッサリ切られて死にかけている生徒が! 何者かの気配を感じて、体育館倉庫に逃げ込み鍵をかけるフレッシュレモン。扉がドンドンと叩かれる中で震えていると…。

気がつくとアパートの裏手みたいなところにいた。そこに現れる女子高生3人組。いきなりバットで襲いかかってきたので、わけもわからず逃げるフレッシュレモン。木の葉も草もピンク色という異様な河原沿いを走っていると、別の女子高生が現れ、助けてくれる。

で、兎の面をつけて日本刀を振り回す謎の人とか、なんか境界線を越えたからという理由で死んじゃう人とかが出てくるわけなんだけど、アクションは思ったほど悪くはない。演者の技術不足をカメラワークやカット割りでごまかしていて、このレベルが続くのなら鑑賞に堪えうるかもと思っていたのだが

スーパーマーケットみたいなところで籠城している女子高生(8人くらいか)のところに、フレッシュレモンは案内される。ここでの会話から、殺し合いをして生き残った一人だけが助かるという放送があって、期限はあと3日で、死体はいつの間にか消えているといった、この世界のルールが説明される。それはいいんだけど、そういった会話はフレッシュレモンのいないところで行われているのである。後乗りで何も把握していないフレッシュレモンに説明する、という風にすれば自然なのに。

はい、ここからネタバレします。大体予想はつくのだが、実はフレッシュレモンは多重人格者で、脳内世界でそれぞれの人格たちが殺し合いをしているというわけなんですね。ジェームズ・マンゴールド監督『アイデンティティ』みたいな感じ。ちなみに、元々フレッシュレモンは地味な学校の制服を着ているのだが、脳内世界に入ってからはアイドルっぽい制服に変わっていて、人格ごとに色やデザインも違っている。

アイデンティティー [Blu-ray]

アイデンティティー [Blu-ray]

 

 

なぜかイジメられていた女子生徒は脳内世界にも表れるので、「もしかしてフレッシュレモン自身がイジメられていたのかな?」というように観客が個々に解釈を考えるのが売りなんだと思う。でも、顔が覚えられず誰が誰だか解らないので、そういう楽しみ方はできない。兎の面を着けた殺し屋は、変なタイミングで面が取れるのだが、そこで現れた素顔がすでに登場していた誰かなのかどうかも解らなかったし。自分が悪いのだが。

そして、これが本当に肩透かしなのだが、アクションシーンが非常に少ない。ひたすらあちこちで、多重人格たちが観念的な会話をしているばかり。多重人格者って、同時間帯に別の場所でそれぞれが会話をするとか、そんな複雑なことができるんだろうか

肝心のフレッシュレモンだが、ずいぶん待たされた後になんだかんだで2人ほど首根っこを切って殺す。なかなかのへっぴり腰なのはストーリー上それで正しいのだが、そのあとに覚醒したフレッシュレモンが大立ち回りを演じて、友情を深めていた別人格を涙ながらにぶった切るシーンとかあって、はじめて成立するものだろう。このあと、一度もアクションシーンが無いんだよ。代わりに女の子同士のキスシーンはあるけど。ただ唇をくっつけるだけの、軽いやつ。

あとで知ったのだが、これって元は舞台劇だそうだ。自分語り中心の構成も、舞台でやるのなら、まあアリだろう。少女たちのバトルアクションを勝手に期待していたのは、こちらの確認不足でもある。元は舞台だと気づかせない程度に映画的な創り込みをしていたので、酷いわけではない。

しかしそれでも、映画的快楽が圧倒的に足りない。もっともっと、フレッシュレモンを肉体的に動かさなくてはいけなかったのでは。あと、これはあちこちで散々指摘されているが、経歴的に最もアクションができるだろう女優に何もやらせず棒立ちにさせたうえで殺すのはどうなのか。そもそも、あの銃弾は誰が何の目的で撃ったのか。謎ばかり残るわけだが。

放課後戦記 [DVD]

放課後戦記 [DVD]

 

 

 

スポンサードリンク