読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

【TV】なんでもやってしまう新垣隆先生は、「断れない」体質

TV

f:id:yagan:20150108235442j:plain

 

 

新垣隆先生は、断れない人である。強く頼まれたら、なんでもやってしまう。ゴールデンボンバーと一緒にエアギターしたり、クワガタに鼻を挟まれたりもする。もはや性格を超えて、「断れない」という体質なんだと思う。

 

この年末年始、やたらTVに出ていた新垣先生。大晦日の『笑ってはいけない大脱獄』で松本人志が「キャスティングで笑わすのはやめましょう」と言っていた。今、新垣先生がTVに出ていたら、何もしていなくても、とりあえず笑ってしまう。そして誰かに頼まれて何かをやらされたら、それがなんであれ、爆笑を起こすことができる。お笑い芸人からしたら羨ましすぎるポジションにいる。

 

新垣先生の「断れない」体質について、考え始めるとゾクゾクする。どんなオファーまでOKしちゃうんだろうか。そういえば佐村河内守騒動の真っ只中のときに、2人の関係からボーイズラブを妄想した乙女が多かったと聞いた。これもまた新垣先生の「断れない」体質が、その妄想に拍車をかけたのだろう。ボーイズラブと「断れない」体質は、非常に相性がいいのではないか。よく知らないけど。

 

文化人と呼ばれる人(TVに出るのが本業ではないのにTVに出ている人)は、TVによって知名度を上げることで、実際の仕事をするうえで大きくプラスの効果がある。『ホンマでっかTV』のレギュラー評論家とか、誰であれ月数回の講演会で食ってけるだろうしなあ。TVの影響力って、それくらいスゴい。だがそんな多大な影響力と、それに伴う莫大な利益ゆえ、文化人というのは「TVに出たくて仕方ない人」にしか見えないのも確かだ。でも新垣先生は違う。「自分の意志ではなく、誰かに頼まれて仕方なく出演させられている」という印象を万人に与える、TV史上初の文化人である。「断れない」体質によって生まれた、未曾有の文化人、それが新垣先生だ。