ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

【映画駄話】2017年7月後半公開の邦画、なんとなくチェック

はい、2017年7月後半の邦画、総チェックです。あ、総じゃないです。何本か意図的に抜いてます。

7月前半のときは15本を取り上げて、現在までに7本観ているので、大体半分くらいはチェックできているということですかね。

 

スポンサードリンク
 

 

・観る

『劇場版 生徒会役員共』(7/21 公開)

すでに前売り券を買っている。元が4コマ漫画なのでTVアニメもストーリーが細切れになってしまっていた。ちゃんとひとつのストーリーがついていれば傑作になる可能性を秘めているが、予告を見た限りでは「よくある話」に終始しそう。畑ランコ(cv.新井里美)の暴走だけが楽しみか。


『狂覗』(7/22 公開)

アップリンク案件。実はかなり気になっている作品。中学校の教師が暴力により瀕死で発見され、生徒の中に犯人がいると睨んで他の教師たちがこっそり生徒の持ち物を調べる、というミステリー・スリラーだそうだ。原案は宮沢章夫の戯曲。純粋に面白そう。

 

-----
・観たい

『東京喰種 トーキョーグール』(7/29 公開)

原作を全く知らないので、映画を観たことをきっかけにして機に読んでみようかと考えている。人間と異種の何かが共存する世界が舞台で「そのどちらにも属さない者」が主人公って、こういう設定のヤツ、あまりに多くないか。


『海辺の生と死』(7/29 公開)

現実世界でも付き合っている2人の役者が恋人同士を演じていると話題の作品。しかも島尾敏雄と妻・島尾ミホがそれぞれ同じ出来事を書いた2つの小説を混ぜて1本の作品にしているいるという、一風変わった取り組みをしている。満島ひかりは戦時中を舞台にした純文学モノへの出演が多いね。

 

-----
・観るかも

『JKニンジャガールズ』(7/17 公開)

こぶしファクトリー主演のアクション・コメディ。東映の迷走が伺える。もっとも過剰な期待は禁物にせよ、ハロプロの人たちは基本ダンス上手いし、動きには定評あるので、もしかしたらの可能性はある。


『心が叫びたがってるんだ。』(7/22 公開)

できれば避けたい。まだアニメ版の余韻が消えていないこの時期の実写化は、いくらなんでも早すぎる。全く同じ話だったら、アニメのほう観るし。


『台湾萬歳』(7/22 公開)

台湾三部作とかいうドキュメンタリーのラストらしいが、過去作を全く観ていないので足を運びづらい。


『劇場版 お前はまだグンマを知らない』(7/22 公開)

原作漫画はずっと読んでいるが、これ日本テレビでドラマになっていたのね。その劇場版とのこと。監督が『月曜から夜ふかし』のディレクターと知って不安は増すばかり。あの番組ってさ、基本的に他人を小馬鹿にすることで笑いを取ろうとするじゃん。


『君の膵臓をたべたい』(7/28 公開)

できれば避けたいパート2。無理して観ることないよな、うん。


『花に嵐』(7/29 公開)

K's cinema案件。なんかスゴいという周辺情報だけが聞こえてくるが、具体的に一体何なのかよくわからない。一応抑えといたほうが良いのかなあ。

 

スポンサードリンク
 

 

-----

 7月後半の、気になる邦画

yagan.hatenablog.com