ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

【映画駄話】2017年8月後半公開の、気になる邦画

・観る

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8/18 公開)

岩井俊二の青春ドラマを監督:新房昭之、脚本:大根仁という布陣でアニメ化。偏見なんだけど、新房昭之とか大根仁が好きな人って、岩井俊二のこと嫌いそうだな。もちろんアニメは観るし期待しているのだが、予習として前作もチェックしなきゃいけないんだろうか。それは億劫。


『関ヶ原』(8/26 公開)

良い意味でも悪い意味でも正統派なんだろうなあ。原田眞人監督はエンタメ的な軽いノリが得意じゃないので、ずっと重い空気のまま話が進みそう。ジャニーズの中では二宮和也と並んで演技が達者な岡田准一に期待。だがこの人も、(顔の造形と真逆で)基本的に重い演技するからなあ。今さら、わざわざ関ケ原の合戦を映画化することに、どのような意味を見出してくるのだろうか。

 

スポンサードリンク
 

 


・観たい

『きみの声をとどけたい』(8/25 公開)

マッドハウス制作のアニメ映画。地方都市の女子高生を主人公にした、言葉にして伝えることは大切なんだという話。ちょっと前に実写化したアニメ映画とコンセプトが被っているような違うような。なんで最近のアニメ映画の舞台って、「ちょっと閉塞しているけど都会と違って人間の暖かさがまだ残っている地方」ばっかりなんだろう。そんな地方、実際にどれだけあるかという点も含めて、謎だ。

 


・観るかも

『蠱毒 ミートボールマシン』(8/19 公開)

2005年に公開された『MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-』では特撮を手掛けた西村喜廣が監督を務めたリブート作品。安っぽささえ回避できればカルト系の怪作になるのではと、ちょっとした期待はある。主演は田中要次で、鳥居みゆきも出ている。

-----

というわけで8月は後半も邦画新作が少ないです。洋画も超大作は『スパイダーマン』など数本しかないし、映画業界は夏休み商戦から完全に撤退してしまったのだろうか。え、8月19日から『HiGH&LOW THE MOVIE 2』をやるって? 何それ全く知らない。

 

えーと、来週1週間はこのブログの更新ができなくなりそうです。いや、ちょっとした旅行に行くってだけなんですが。「47都道府県すべての映画館で映画を観る企画」久々に実行する予定です。

 

スポンサードリンク