ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

映画‗原作‗漫画

【邦画】『恋は雨上がりのように』ネタバレ感想レビュー--小松菜奈に恋愛感情を持たれたら、恐怖でしかない

63点 45歳のバツイチ子持ちの中年男性が、17歳の女子高生から恋愛感情を持たれて迫られる。昨今の風潮からすれば、これはホラーと捉えることもできる。リアルな空気感は今でも男尊女卑の傾向が強い現代日本であるが、とりあえずタテマエとしては、中年男性…

【邦画】『いぬやしき』ネタバレ感想レビュー--木梨憲武の映画アウェイ感が、劇中の犬屋敷の不器用さとマッチしていた

62点 木梨憲武というかとんねるずは、その芸歴や知名度からすると、驚くほど映画との関わりが少ない。森田芳光監督『そろばんずく』は未見なのだが、それ以降も出演作自体が非常に少ないし、大抵は「とんねるずというTVタレントとしてのキャラクターその…

【邦画】『曇天に笑う』感想レビュー--曇3兄弟の年齢はいくつなのか教えてくれ。話はそれからだ。

46点 キツネの仮面をつけたままの、謎の人物がいる。琵琶湖に浮かぶ島の洞窟を切り開いて作られた、刑務官がバンバン鞭をふるう無法地帯の監獄の奥深くに、顔を隠したままで、ひとりだけ檻の中に閉じ込められている。その謎めいた佇まいから、何か恐ろしい…

【邦画】『ちはやふる -結び-』感想レビュー--音も光も全てをコントロールした、おそらく2018年の最高傑作エンタメ映画

83点 小泉徳宏監督は、技巧の人である。音響、照明、撮影などなどにおいて、隙あらばテクニックを詰めこもうとする。そのテクニックひとつひとつを単独で抜き出せば、大したものではないだろう。ひとりがずっと喋っている時に、もうひとりの顔を一切映さな…

【邦画】『ラーメン食いてぇ!』感想レビュー--まさかの海外ロケと、中村ゆりかの病弱フェイスに、ちゃんと意味がある

63点 冒頭、どこかの高山でボロボロの格好で倒れる男(片桐仁)の描写から、この映画は始まる。ドローンだろうか、かなり上空からのカメラで真上からも撮影しているが、カメラには岩肌と少しの草以外には何も映らない。この規模の映画では珍しく、なかなか…

【邦画】『リバーズ・エッジ』--90年代前半の空気感そのままの映画を2018年に公開する意味とは

58点 一応、岡崎京子ファンではある。名前を知ったのは事故から4年くらい後だったが、大学生の頃にハマっていた時期があった。ということもあり、映画『ヘルタースケルター』を観たときは多少の怒りも沸いたのである。これはまず沢尻エリカのステップアッ…

【邦画】『羊の木』--殺人犯が出所後にまた人を殺すことって、よくあるの?

56点 元殺人犯という存在に対して、一般的とは全く逆の偏見をしていたのかもしれない。「一度殺人を犯した人が、またするわけがない」という偏見だ。文末が「するとは限らない」なら問題ないのだが、「するわけない」というのは決めつけでしかない。という…

【邦画】『不能犯』--松坂桃李にも沢尻エリカにも感情移入できない観客の視点となるのは…

58点 これ、漫画原作だったのね。先に知っていたら、また違った感慨があったのかもしれない。いや、複数のエピソードがギュッと押し込められている展開から、ある程度連載が続いている原作の存在を予測しなくてはいけなかった。まだまだだな、自分は。

【邦画】『亜人』--なぜ主人公を「普通の人」に変更して、佐藤健に演じさせたのか?

48点 原作がある映画の場合、原作からどこをどのように変更したかによって、作り手の意思を読み取るというのは一般的な見方であろう。人気漫画を原作とする『亜人』はどうかというと、実は原作のある重要な要素をバッサリと切り落としている。しかもそれが…

【邦画】『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』レビュー--ヒロイン役は水原希子ではなく、安藤サクラである

69点 まず断言しなくてはいけない。映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(以下、『民生ボーイ』)の主人公は妻夫木聡演じる雑誌編集者・コーロキであり、ヒロインは誰が何と言おうと安藤サクラ演じるコラムニスト・美上ゆうで…

【邦画】『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』感想レビュー--三池崇史監督は「ちょっと人工的な空間」を創り出すのが非常に巧い

59点 撮影所のセットだけではなく、屋外のシーンではロケもふんだんに行われている。近世ヨーロッパの古城や街並を参考にしたと思われる遠景をCGで合成しているのだろう。現実の日本とはちょっとズレているパラレルな舞台を演出している。三池崇史監督は…

【邦画】『溺れるナイフ』レビュー--スクリーンに菅田将暉が映ったとたん、周囲の風景は彼の所有物であるかのように変換される

監督:山戸結希/脚本:井土紀州、山戸結希/原作:ジョージ朝倉配給:ギャガ/公開:2016年11月5日/上映時間:111分出演:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音、志磨遼平 スポンサードリンク // 68点映画を撮るということは、実在する人・モノ・風景を、カメ…

【邦画】『ちはやふる 下の句』レビュー--松岡茉優演じる若宮詩暢が主人公だと考えると全てがしっくりくる

監督&脚本:小泉徳宏/原作:末次由紀配給:東宝/公開:2016年4月29日/上映時間:102分出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、松岡茉優 スポンサードリンク // 73点 ※ 前後編あわせて 『ちはやふる 下の句』は、分が悪い。試しにtwitterでも何でもいいか…

【邦画】『アイアムアヒーロー』感想レビュー--この話、すべてが鈴木英雄の妄想のようにも思えるのだ

監督:佐藤信介/脚本:野木亜紀子/原作:花沢健吾/特殊造形統括:藤原カクセイ配給:東宝/公開:2016年4月23日/上映時間:127分出演:大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、片瀬那奈 スポンサードリンク // 74点大変評判が良い。日本のゾンビ映画史上1位との声…

【邦画】『ちはやふる 上の句』レビュー--前編ならではの魅力、それは「伏線をすべて回収しなくてもいい」からこその先の読めなさ

監督&脚本:小泉徳宏/サウンドデザイン:大河原将/原作:末次由紀配給:東宝/公開:2016年3月19日/上映時間:111分出演: 広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬 スポンサードリンク // 73点 ※ 前後篇あわせて百人一首の取り札が並び、その前に座…