ヤガンEX

映画とか漫画とか似顔絵とか

アニメ

【邦画/アニメ】『続・終物語』ネタバレ感想レビュー--萌えキャラのアイデンティティを奪うことで生まれる批評精神

61点 サーガのように語り継がれる人気シリーズの劇場版で、劇中でもメタ的に宣言されるとおり、オマケのようなエピソードである。TVシリーズ最新作「終物語」の後日談というか時間軸がその翌日というだけで、「鏡の中」という名の異世界が舞台であるし、…

【邦画/アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』ネタバレ感想レビュー--ファンサービスに徹した日常回だが、突発的なキャラ改変は本編への悪影響が出やしないか?

50点 ちゃんと事前に調べていなかったこちらが悪いのである。「大人気アニメの約2年ぶりの新作がついに、しかも劇場版で復活!」というつもりで映画館に向かったのでは、肩透かしをくらって当然だ。これは、TVシリーズの1期と2期の間をつなぐ日常回の…

【邦画/アニメ】『ペンギン・ハイウェイ』ネタバレ感想レビュー--新たなるアニメーションの力、それは「静止画」

71点 アニメーションの力を感じた。もちろん、コーラの缶がペンギンに変化するなど、現実にはあり得ない事象を違和感なく日常の中に溶け込ませるには、アニメが最適な表現方法であることは既に知られている。本作『ペンギン・ハイウェイ』は、そんなシュー…

【邦画/アニメ】『アラーニェの虫籠』ネタバレ感想レビュー--「とにかくホラーっぽい感じ」を詰め込んだ、"要素"のごった煮は悪くない

57点 アニメーション作家の坂本サクが、ほぼ一人で創り上げた長編アニメーション。新海誠が『ほしのこえ』をマッキントッシュ1台で制作した衝撃を思い出すが、今回は75分の長編である。技術の発展もあるだろうが、一定の世界観は保たれており、クオリティ…

【邦画/アニメ】『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』ネタバレ感想レビュー--親子関係をメインに持ってくるのは『ヒロアカ』の流儀なんだろうか

監督:長崎健司/脚本:黒田洋介/原作:堀越耕平配給:東宝/公開:2018年8月30日/上映時間:96分/アニメーション制作:ボンズ出演:山下大輝、三宅健太、志田未来、生瀬勝久、小山力也 スポンサードリンク // 60点先に個人的なことを言うと、「週刊少年ジャンプ」連…

【邦画/アニメ】『未来のミライ』ネタバレ感想レビュー--運命付けられた「家族」の形成を強制させられる絶望

54点 主人公が4歳の男の子ということもあり、主たる舞台は自宅となっている。4歳児にとって世界の半分以上は自宅であるから、妥当な判断だ。傾斜のある土地を活用し、各部屋の床の高さを変えることで間仕切りの代わりとした、いかにもなデザイナーズ物件…

【アニメ】2018夏アニメ 第1話雑感

アニメ第1話の雑感を書き並べてみました。しばらく文章を書いていなかったので、短文を多く書くことでリハビリを兼ねています。なお、これを書いている時点で第2話以降は一切見ていません。また、取り上げた中で原作を知っている作品は『天才バカボン』以…

【邦画/アニメ】『GODZILLA 決戦機動増殖都市』ネタバレ感想レビュー--ゴジラの名を借りた都市文明批評だったが、概念に留まっていたのが残念であった

59点 前作『GODZILLA 怪獣惑星』を当ブログで取り上げたとき、これは「もしもゴジラが○○だったら」大喜利ではないかと書いた。その続きである本作も同様で、基本的には「もしもメカゴジラが○○だったら」大喜利における、逸脱な回答である。ゴジラが人間に…

【邦画/アニメ】『リズと青い鳥』ネタバレ感想レビュー--「アニメでしか表現できないこと」を追求したうえでの、日本映画界への殴り込み

78点 日本の映画制作に関わるものたちは、『リズと青い鳥』の登場に焦るべきである。山田尚子監督は、本気で日本の映画界に殴り込みをかけている。特定層だけに向けられた深夜アニメのノウハウを活かしつつ、映画作品においては全世代にターゲットを広げよ…

【邦画/アニメ】『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』レビュー--泉鏡花が14歳の女の子にされていることに何とも思わない人向けのアニメ

54点 今さらながら説明すると、『文豪ストレイドッグス』とは実在の近代文学の文豪と同じ名前を冠したキャラクターが、著作に関連した”異能”を用いて戦うというアベンジャーズ型のバトルアクションのアニメ。といっても文学史への批評が含まれているわけで…

【邦画/アニメ】『さよならの朝に約束の花をかざろう』感想レビュー--2次元に恋をするってこういうことだからな

66点 年の取り方が異なるキャラクターを同じ世界に配置することで、関係性に新たな意味を持たせるという手段は、映画に限らずSFやファンタジーの物語ではよく目にする。中でも、不老不死(本作は寿命が異常に長いということだが、意味は同じ)の存在を混…

【邦画/アニメ】『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』--七宮智音が幸せになってくれれば、それでいい

58点 京都アニメーション制作のアニメは、最終回で主人公がヒロインに告白するというパターンを何度か行っている。『境界の彼方』『氷菓』や、劇場版だが『たまこラブストーリー』など。深夜アニメの場合は「恋愛未満」のまま関係性を停滞させておいたほう…

【邦画/アニメ】『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』--時間が足りないのなら、時間を延ばすという手段を取る

72点 ※ 暫定 先に断っておくと、『ガールズ&パンツァー』には並々ならぬ思い入れがある。いくら冷静にレビューを書こうとしても、ついついパッションが先走りして言語化が追いつかず、「ガルパンはいいぞ」状態になってしまうのは仕方ないことだ。とは言…

【邦画/アニメ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』レビュー--「子供に媚びない」と「子供を無視する」のは違う

56点 「妖怪ウォッチ」についてはゲームもアニメも全く知らず、本作がファーストコンタクトであったため、理解が追い付いてこなかった。どうやらこれは本編の30年後の世界らしい。妖怪たちの見た目もボクが漠然と知っている姿とはかけ離れていて、ウィスパ…

【邦画/アニメ】『GODZILLA 怪獣惑星』--これは「もしもゴジラが○○だったら」大喜利だろう

監督:静野孔文、瀬下寛之/脚本:虚淵玄/アニメーション:ポリゴン・ピクチュアズ配給:東宝映像事業部/公開:2017年11月17日/上映時間:89分出演:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、梶裕貴、杉田智和、諏訪部順一 スポンサードリンク // 57点(暫定)仕方のないこ…

【アニメ】2017年放送のアニメレビュー『幼女戦記』『AKIBA'S TRIP』『武装少女マキャヴェリズム』

どうも年だからか「TVアニメを毎週30分ずつ見る」ということができなくなっている。次の週を迎えた頃にはストーリーもあんまり覚えていなくて、億劫になって途中から見なくなる傾向がある。別につまらないわけじゃないのに。そんなわけでHDDレコーダーに「途…

【邦画/アニメ】『山村浩二 右目と左目でみる夢』--不思議な心地よさがあるアニメの特集上映

62点 山村浩二という名前を聞いて、どれくらいの人が「ああ、あの人ね」と解ってくれるのだろうか。「ほら、『頭山』の人」と言えば、少しは増えるだろうか。かくいうボクも、『頭山』と言われて初めて思い当たった口であり、恐縮するしかないのだが。

【邦画/アニメ】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』--川村元気がシャフトに対して言わなければならなかったこと

45点 本作をレビューするうえで、非常に大きな問題が横たわっている。ネタバレ防止を掲げるには、ストーリー説明は冒頭から4分の1までという一般的見解がある。したがって、本作の場合は最初の駅のシーンあたりまで、が妥当だろう。だが、それ以降に触れ…

【邦画/アニメ】『劇場版 生徒会役員共』--久々の、TVアニメと全く同じことをやっているだけの劇場版

47点 久しぶりに、やらかしたアニメ映画を観てしまった。単刀直入に言うと、TVアニメと全く同じことをやっているだけなのだ。最近のTVアニメの劇場版は、とりあえずスクリーンにかかるということはどういうことかは考えているからねえ。大きなTV画面…

【邦画/アニメ】『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』--「種族を超えた恋愛」というよくある話。以上。

51点 『劇場版 艦これ』以来だろうか。原作どころかTVシリーズすら全く知らないアニメの劇場版を観に行ったのは。そんな状態で話の意味が解らなかったとしても、もちろんこちらに全面的な非があるのだが。いや、それにしたって深夜アニメの劇場版は「一…

【邦画/アニメ】『メアリと魔女の花』感想レビュー--これからもアニメ映画を作るのなら、意識すべきは宮崎駿じゃないぞ

52点 困惑である。映画が始まってから終わるまでずっと、困惑しかしていなかった。冒頭のシーンから凄まじい。高い建物の外壁にある細い足場を伝う少女。大量に放たれるゲル状の未知の生物。黒いローブを着て箒にのって空を飛ぶ少女。観たことあるもののオ…

【邦画/アニメ】『夜明け告げるルーのうた』--昨今のアニメ映画が追求する「観たことのないモノ」

監督:湯浅政明/脚本:吉田玲子、湯浅政明アニメ制作:サイエンスSARU/配給:東宝映像事業部/公開:2017年5月19日/上映時間:113分出演:谷花音、下田翔大、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬、寿美菜子 スポンサードリンク // 70点あえて誤解を招く言い方をすれば、圧…

【邦画/アニメ】『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』--4000人の死者に囚われたまま、これからも見続けよう

監督:伊藤智彦/脚本:伊藤智彦、川原礫/アニメーション制作:A-1 Pictures配給:アニプレックス/公開:2017年2月18日/上映時間:119分出演:松岡禎丞、戸松遥、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史 スポンサードリンク // 60点まずはボクが『ソードアート・オンライ…

【邦画/アニメ】『傷物語 III 冷血編』--映画でしかできないこと、アニメでしかできないこと

総監督:新房昭之/監督:尾石達也/原作:西尾維新配給:東宝映像事業部/公開:2017年1月6日/上映時間:83分出演:神谷浩史、坂本真綾、堀江由衣、櫻井孝宏 スポンサードリンク // 72点映画の価値とは何であるか。いきなり大層な問いを持ち出してしまったが、とり…

【邦画/アニメ】『君の名は。』レビュー--「できないことは、最初からやらない」という潔さ

本作をSFとして捉えるならば、細部に注目せざるを得ない。ところが本作、細部を詰めているとはとても思えない。まず、入れ替わった2人は時間がズレているとは気づいていないのだが、元の自分の世界とは日付はあっているのに曜日が違うことは気にも止めな…

【邦画/アニメ】『劇場版 艦これ』--ストーリーは全くわからないのだが、テーマは浅すぎるのでよくわかる

監督:草川啓造/脚本:花田十輝、田中謙介/キャラクターデザイン:井出直美、松本麻友子配給:KADOKAWA/公開:2016年11月26日/上映時間:91分出演:上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、竹達彩奈 スポンサードリンク // 51点全面的にこちらが悪いのは重々承…

【邦画/アニメ】『この世界の片隅に』--揺るぎない日常を味方につけろ

監督・脚本:片渕須直/原作:こうの史代>配給:東京テアトル/公開:2016年11月12日/上映時間:126分出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔 スポンサードリンク // 78点あまり周知されていないかもしれないが、『この世界の片隅に』は、映画館内で…

【アニメ】『愛里寿・ウォー』(『ガールズ&パンツァー 劇場版』BD&DVD特典OVA)--今後、島田愛里寿はどう転がしていけばいいのか

なぜだ。『ガールズ&パンツァー 劇場版』のブルーレイが発売初週で16万枚も売り上げたというのに、特典OVAの話をしている人がほとんどいない。おかしいではないか。16万人も観ている作品がここまで封殺されているのは、何者かの陰謀なのか。触れてはいけない…

【アニメ】『迷家 -マヨイガ-』--なぜこの話をアニメでやっているのだろうか

監督:水島努/シリーズ構成:岡田麿里キャラクターデザイン:井出直美制作会社:ディオメディア/放送局:TBS「アニメイズム」枠ほか ずっと不思議なんである。『迷家 -マヨイガ-』という、WOWWOWやTBSなどで放送中のアニメ。ストーリーとしては、ネットで募られ…

【アニメ】2016年・春アニメ 第1話の雑感

さあ、今年の春アニメも一通り揃ったところでしょうか。今期はオリジナルアニメばかり6本を追いかけることにしました。『ばくおん!!』とか『文豪ストレイドッグス』とかを切るのはちょっともったいない気もするけれど、まずは原作漫画を読もうかと。あと、…